命日反応の対処法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1989年生まれ。大阪育ち。大阪在住。大阪市立大学経済学部卒業。 小学校1年のときに、父親の自死、18歳の頃にパニック障害、突発性難聴を発症。23歳の頃には対人恐怖症、うつ病、自殺未遂を経験。以降「命とは何か?人生とは何か?」を考えるようになり、その答えを探すべく、スピリチュアルヒーリング、NLP、EFT、その他心理学、哲学を学び始める。2014年9月「悲しみから立ち直ることは必ずできる」というコンセプトのもと、自死遺族専門カウンセリングルームBESTLIFEを立ち上げ、述べ500名の方の心のケアを行ってきた。 優しい語り口と、豊富な知識から癒やしをわかりやすく体系化した独自のカウンセリングメソッドに定評がある。

91269こんにちは。
自死遺族専門カウンセラーの向井はじめです。

「命日反応」というものをご存知でしょうか?

大切な人を亡くした命日や誕生日、記念日になると、気持ちが落ち込み体調が崩れるなど、亡くなった直後のように反応が出ることを命日反応と言います。

特に、大切な人を自死で亡くすと、この命日反応によって、自分を責めたり、不安に思ったりする人が中にはいます。

これらの反応はよく起こりうる自然な反応です。ですので、自分は病気なのではないかと考える必要はありませんが、どうしても自分を責めてしまうこともあります。

そこで今回は、「命日反応が起ったときの対処法」と言うテーマでお話します。

自分の思いを聴く

感情には必ず理由があります。「何のためにこの感情が沸き起こってくるのか?」「この感情を感じると何が起こるのか?」についてまずは自分の思いを聴いてみましょう。

否定・批判をしない

自分の思いについて否定・批判はやめましょう。「こんなに悲しんじゃいけない。」という抑圧が、課題を大きくしてしまいます。

ですが、どうしてもそのように思ってしまうときもあるかと思います。

そんなときは、「「こんなに悲しんじゃいけない。」と思うのは何のためなのか?」「この考えを持つことは何のためなのか?」意図を確認していきましょう。

その意図を満たす上においては、「こんなに悲しんじゃいけない。」と思うこと以外でも、構わないのです。

まずは、否定・批判をしないということです。

ただ観察する

心を楽にするには感情を感じる必要は必ずしもありません。

心を落ち着かせるコツは、自らの心を観察することです。
そのために、まずは自分自身に質問をしてみてください。

「今、私は何を感じているのだろうか?」と。

すると何か答えが帰ってくるはずです。

悲しい、苦しい、怒っている、ほっとしているなど何かを感じているはずなのです。

このときただ、否定をせずに、観察します。

今、「悲しみがある。」と思っている。
今、「怒りがある。」と思っている。
今、「ほっとしている。」と思っている。
今、「苦しい」と思っている。

と色んな感情がぐるぐるするかと思いますが、否定・批判をせず、ただ観察してみてください。

これをしばらく続けていると、コントロールすることができるようになってきます。

時間を決める
自らの心を観察するには、集中力が必要です。
ですので時間を決めて、観察するようにしましょう。

自死遺族専門カウンセリング

にほんブログ村 自死遺族

この記事を書いている人 - WRITER -
1989年生まれ。大阪育ち。大阪在住。大阪市立大学経済学部卒業。 小学校1年のときに、父親の自死、18歳の頃にパニック障害、突発性難聴を発症。23歳の頃には対人恐怖症、うつ病、自殺未遂を経験。以降「命とは何か?人生とは何か?」を考えるようになり、その答えを探すべく、スピリチュアルヒーリング、NLP、EFT、その他心理学、哲学を学び始める。2014年9月「悲しみから立ち直ることは必ずできる」というコンセプトのもと、自死遺族専門カウンセリングルームBESTLIFEを立ち上げ、述べ500名の方の心のケアを行ってきた。 優しい語り口と、豊富な知識から癒やしをわかりやすく体系化した独自のカウンセリングメソッドに定評がある。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© I DEAR , 2016 All Rights Reserved.