こんにちは。
はじめです。

昨日、カウンセラーでもある彼女と夜な夜な電話で話していたのですが、

「相手の価値を高く見積もることで、自分の価値を感じることができる」

と名言が飛び出しました。

確かに、僕もそのとおりだと思います。

身内の自死や自殺未遂を経験した人の多くは、「どうせ私なんて…」と自分の価値を低く見積もる傾向があります。

生きづらさの原因って、自分自身とのコミュニケーションがあまりうまくないことにあったりします。

僕たちは24時間365日、自分自身とともに生きていますね。

朝起きて、「眠たいな」「でも起きなきゃ。」
とコミュニケーションすることもありますし、

お昼のランチで、メニューをみているとき、
「これ美味しそうだな。」「うん。これにしよう。」
とコミュニケーションすることもあります。

自分の自己価値が低いと、
卑屈になり、過小評価し、
「どうせ誰も私のことなんてわかってくれない。」
と落ち込み、一日一日がただつまらないものになってしまいます。

「なぜ生きているのか?」と答えのない質問に自問自答を繰り返し、余計に自分自身を傷つけ、苦しみの中に自分を閉じ込めてしまいます。

なぜ自分を苦しみの中に閉じ込めてしまうかというと、”罪悪感”があるからです。

罪悪感を多くの人は、悪と捉えがちですが、僕が言う罪悪感とは、

自分の間違いを認め、自分に誇りを持って生きていくための感情のことです。

なので、間違いは素直に認め、これから先、どのように生きていくか、同じ過ちを犯さずにどれだけ人の役に立てるかのエネルギーになっていくのが罪悪感なのです。

人の役に立つというのは、多くの人は、自分以外の誰かということを考えがちですが、まずは自分からです。

自らが、嬉しいと思えること、楽しいと思えること、気持ちいいと思えること、面白いと思えること、誇らしいと思えることをまずはやって、自分自身の役に立つことが人助けなんです。

これを基準にまずはゴールを決めましょう。
他にはない自分だけのゴールを。
たくさんのゴールを。

これが生きている理由になります。

どうせ生きるのならやりたいことをやりましょう。
嬉しい、楽しい、気持ちいい、面白い、誇らしいと思えるたくさんの何かを。

好きなだけ、飽きるまで。

飽きたら、またゴールを設定して、人生を楽しみましょう。

「人は鏡」です。
自分自身の投影なのです。

「相手の価値を高く見積もることで、自分の価値を感じることができる」と言った彼女の言葉は、人生を嬉しいものに、楽しいものに、気持ちいいものに、面白いものに、誇らしいと思えるものにするきっかけになるのです。

相手の価値を見出すことで、
それは、他でもない自分自身の世界を表している言葉になるのだから。


hajime

1989年生まれ。大阪育ち。大阪在住。大阪市立大学経済学部卒業。 小学校1年のときに、父親の自死、18歳の頃にパニック障害、突発性難聴を発症。23歳の頃には対人恐怖症、うつ病、自殺未遂を経験。以降「命とは何か?人生とは何か?」を考えるようになり、その答えを探すべく、スピリチュアルヒーリング、NLP、EFT、その他心理学、哲学を学び始める。2014年9月「悲しみから立ち直ることは必ずできる」というコンセプトのもと、自死遺族専門カウンセリングルームBESTLIFEを立ち上げ、述べ500名の方の心のケアを行ってきた。 優しい語り口と、豊富な知識から癒やしをわかりやすく体系化した独自のカウンセリングメソッドに定評がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA