こんにちは。
自死遺族専門カウンセラーの向井はじめです。

身内を自死で亡くされた方を専門にカウンセリングをしていると、「罪悪感にさいなまれる」と相談をよくされることがあります。

なぜ罪悪感にさいなまれるのかというと、亡くした人をもっと大切に、大事に接すればよかったと後悔にさいなまれるからなのです。

実は罪悪感には3つの意味があります。
今日は、「罪悪感の3つの意味」についてお話しします。

罪悪感の奥底にある怒りという感情

罪悪感を細かく見ていくと、必ず「怒り」という感情にいきつきます。
この怒りの感情を許すことが難しいので、罪悪感に苦しむことになるのです。

怒りの対象は、大きく分けて「自分自身」「自分以外の誰か」「故人」に対しての3つです。
「自分以外の誰か」には、怒りをあらわにすることができるのですが、こと「自分自身」「故人」に対してはそれが難しい方が多いように思います。

特に「自分自身」に対しては、
「私のせいであの人が死んでしまったのではないか?」
「私があの人を殺したのではないか?」
と考えてしまう人が罪悪感を強く感じるようです。

なぜそのように感じるかというと、
「死んでしまえ。」と思ったことがあるからです。

多くの自殺者は、精神的に病んでしまい、その結果として死を選択した方がほとんどなのです。
そのあまりにも壮絶な看病の中で、「死んでしまえ。」と思ったことはときにはあるでしょう。

そして、自殺したときに、ほっとすることもあったかもしれません。

そんな自分を許せなかったがゆえに、罪悪感にさいなまれてしまうこともあります。
ですが、状況を聞けば聞くほど、「死んでしまえ。」と思うことも当たり前に思うと僕も思いますし、ほっとするというのも素直な感情だと思うのです。

決してあなたが悪いのではありません。
当たり前に素直な感情ですので、「死んでしまえ。」と思ったとしても、死を知ったときに、ほっとしたとしても、あなたがあなた自身に怒る必要は一切ありません。

やれることはすべてやった

やれることはすべてやったはずです。
精神病の看病は、想像を絶するほどつらいものだったはずです。

人は完璧ではありません。
仮に完璧に看病をこなしたとしても、自殺は最後は個人の選択です。

あなたに責任はないのです。

過去の自分にYesを出すこと。
ひとつひとつの意図にYesを出せたとしたら、きっと罪悪感からは抜け出せます。

意図と行動

あなたの行動には必ず意図があるはずです。

あなたがあなた自身で間違っていると思う行動をしたとしても、そこには必ず意図があります。

「なんのために○○という行動をしたのか?」
「なんのために○○という発言をしたのか?」

考えてみると、必ずあなたが、そして故人が認められる意図があるはずなのです。

 

自死遺族専門カウンセリング

にほんブログ村 自死遺族


hajime

1989年生まれ。大阪育ち。大阪在住。大阪市立大学経済学部卒業。 小学校1年のときに、父親の自死、18歳の頃にパニック障害、突発性難聴を発症。23歳の頃には対人恐怖症、うつ病、自殺未遂を経験。以降「命とは何か?人生とは何か?」を考えるようになり、その答えを探すべく、スピリチュアルヒーリング、NLP、EFT、その他心理学、哲学を学び始める。2014年9月「悲しみから立ち直ることは必ずできる」というコンセプトのもと、自死遺族専門カウンセリングルームBESTLIFEを立ち上げ、述べ500名の方の心のケアを行ってきた。 優しい語り口と、豊富な知識から癒やしをわかりやすく体系化した独自のカウンセリングメソッドに定評がある。

1 Comment

· 2016年6月6日 at 12:50 AM

有難うございます。とても、心に響きました。この前相談にのってもらったことを、思い出しました。毎日が、地獄のような辛さです。でも、この言葉を信じて、生きて見ようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA